スポンサーリンク

VBAを使ってエクセルにシートを追加する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マクロを作っていてシートの追加を忘れてしまったので残しておく。
マクロの記録を使ったときに記録されるVBAのコード。

Sub Macro1()
    Sheets.Add After:=Sheets(Sheets.Count)
End Sub

Sheets.Addでシートの新規追加を実施する。
Afterはどのシートの後ろに追加するか指定する。
Sheets.Countはシートの総数を求める。
なので一番最後のシートの後ろに新規のシートを追加する意味となる。

3番目のシートの前に追加するコード。

Sheets.Add Before:=Sheets(3)

新規に作成するシートの名前をfooにするコード。

Sheets.Add.Name = "foo"

新規に作成するシートの名前を日時にするコード。

Sheets.Add.Name = Format(Now(), "yyyy年MM月dd日 h時mm分ss秒")

アクティブシートの前または後ろに新規のシートを追加するコード。

Sheets.Add Before:=ActiveSheet
Sheets.Add After:=ActiveSheet

追加位置、シート名を指定するコード。

Sheets.Add(Before:=ActiveSheet).Name = "foo"

Excel2010で確認した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました