Visual Studioのダウンロード、インストールをする

Xamarinを使うにはVisual Studioが必要なのでダウンロードする。
今回はVisual Studio Community 2017をダウンロードした。
Microsoft Visual Studio

インストールはXamarinのインストールページを参照する。
Installation

  1. vs_community__数字の羅列.exeファイルがダウンロードされるのでダブルクリックをして実行する。
  2. 「プライバシーについて詳しくは・・・ライセンス条項に同意したことになります。」のダイアログが出てくるので「続行」ボタンを押下する。
  3. すると数分お待ちくださいとメッセージが出てくるので準備ができるまで待つ。
    ワークロードに表示されている「.NETによるモバイル開発」にチェックをつける。
    VisualStudio2017-install01
  4. 右側に概要が出ているので必要なオプション、不要なオプションにチェックを入れる。今回はデフォルトのままにしました。
    VisualStudio2017-install02
  5. 準備ができたらインストールボタンを押下してしばらく待つ。※このしばらく待つのが今回1時間程度かかった。
  6. コンピュータを再起動するように求められるので再起動する。
    VisualStudio2017-install03

以上でVisual Studio2017のインストールは完了。

インストールの手順の下に次のステップが書いてあり、これをしないとスマートフォンアプリのビルドやエミュレータが使えないようだ。
Next Steps

XamarinをVisual Studioで使うための要件

XamarinをVisual Studioで使うための要件をホームページで確認する。
Installing Xamarin in Visual Studio on Windows

要件は以下の通り。3つ目のXamarin for Visual Studioが良くわからなかったのだけれど恐らくVisual StudioにはすでにXamarinが一緒になっているのでXamarinを使いたいときはXamarin for Visual Studioを選択して使えば良いはず。

  • Windows7以降
  • Visual Studio2015、2017のCommunity, Professional, Enterprise
  • Xamarin for Visual Studio

スマートフォンアプリをつくりたい

スマートフォンアプリをつくりたいので調べてみるとAndroidとiPhoneのアプリを同じソースコードで作れるXamarinというものが見つかった。
まったく知識がないのでHow to start Xamarinで検索。
結果、公式ページのGetting Startedページが見つかった。
Getting Started

Windowsを使おうと思っており開発環境を見ると、以下のように把握した。

  • WindowsのOSはWindows10が推奨。最低でもWindows7。
  • Xamarin.Formsを使うのならWindow8.1、Xamarin.Forms.UWPを使うのならWindows10が必要。
  • Xamarin.iOSをビルドするにはVisual Studio2015以降が必要。
  • Xamarin.AndroidはAndroid 6.0を推奨。

VBAで指定したフォルダ以下のサブフォルダを含むファイルパスを出力する

VBAで指定したフォルダ以下のサブフォルダを含むファイルパスを出力する。
サブフォルダを含む場合は再帰を使いたいのでFunctionを作成してファイルパスを出力させる。

Excel2010で確認。

Sub fileDialogTest()
  Dim fd As FileDialog
  ' フォルダ選択ダイアログを表示する
  Set fd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
  If Not fd.Show Then
    Debug.Print 'File Dialog is Canceled'
    Exit Sub
  End If
  ' 選択したフォルダパスを作成したFunctionに渡す
  loopTest (fd.SelectedItems(1))
End Sub

Private Function loopTest(fp As String)
  Dim fso As New FileSystemObject
  Dim f As File
  Dim fd As Folder
  ' 選択したフォルダパスにあるファイル分ループする
  For Each f In fso.GetFolder(fp).Files
    ' Immediate windowにファイルパスを出力する
    Debug.Print f
  Next
  
  ' 選択したフォルダパスにあるフォルダ分ループする
  For Each fd In fso.GetFolder(fp).SubFolders
    ' 再帰で自分自身にフォルダパスを渡してサブフォルダの処理を行う
    loopTest (fd)
  Next
End Function

VBAで指定したフォルダのフォルダパスを出力する

VBAで指定したフォルダのフォルダパスを出力する。

Excel2010で確認。

Sub fileDialogTest()
  Dim fd As FileDialog
  ' フォルダ選択ダイアログを表示する
  Set fd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
  If Not fd.Show Then
    Debug.Print 'File Dialog is Canceled'
    Exit Sub
  End If

  Dim fso As New FileSystemObject
  Dim f As Folder
  ' 選択したフォルダパスにあるフォルダ分ループする
  For Each f In fso.GetFolder(fd.SelectedItems(1)).SubFolders
    ' Immediate windowにフォルダパスを出力する
    Debug.Print f
  Next
End Sub

SubFolders プロパティ

VBAで指定したフォルダのファイルパスを出力する

VBAで指定したフォルダのファイルパスを出力する。

Excel2010で確認。

Sub fileDialogTest()
  Dim fd As FileDialog
  ' フォルダ選択ダイアログを表示する
  Set fd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
  If Not fd.Show Then
    Debug.Print 'File Dialog is Canceled'
    Exit Sub
  End If

  Dim fso As New FileSystemObject
  Dim f As File
  ' 選択したフォルダパスにあるファイル分ループする
  For Each f In fso.GetFolder(fd.SelectedItems(1)).Files
    ' Immediate windowにファイルパスを出力する
    Debug.Print f
  Next
End Sub

Files プロパティ

VBAでフォルダ選択ダイアログを出してフォルダパスを取得する

VBAでフォルダ選択ダイアログを出してフォルダパスを取得する

Excel2010で確認。

Sub fileDialogTest()
  Dim fd As FileDialog
  Set fd = Application.FileDialog(msoFileDialogFolderPicker)
  If Not fd.Show Then
    Debug.Print 'File Dialog is Canceled'
    Exit Sub
  End If
  ' Immediate windowに選択したフォルダパスを出力する
  Debug.Print fd.SelectedItems(1)
End Sub

Application.FileDialog Property (Excel)

引数に渡すときに以下のようにしても同じ動きになる。
:=(コロンイコール)は引数に名前を指定して渡したいときや、「,,,, 6」などのように第X引数にだけ引数を渡したいときに使う。

Set fd = Application.FileDialog(fileDialogType:=msoFileDialogFolderPicker)

SyntaxHighlighterで使用できるプログラム言語のタグ

SyntaxHighlighterで使用可能なタグがわからなかったので検索してみた。

SyntaxHighlighterで使用可能なタグ
http://alexgorbatchev.com/SyntaxHighlighter/manual/brushes/

調べた時点で使用可能なタグ

Brush name Brush aliases
ActionScript3 as3, actionscript3
Bash/shell bash, shell
ColdFusion cf, coldfusion
C# c-sharp, csharp
C++ cpp, c
CSS css
Delphi delphi, pas, pascal
Diff diff, patch
Erlang erl, erlang
Groovy groovy
JavaScript js, jscript, javascript
Java java
JavaFX jfx, javafx
Perl perl, pl
PHP php
Plain Text plain, text
PowerShell ps, powershell
Python py, python
Ruby rails, ror, ruby
Scala scala
SQL sql
Visual Basic vb, vbnet
XML xml, xhtml, xslt, html, xhtml