WordPressで子テーマを適用する

WordPressを使っていて思ったこと。
テーマを適用したあとに変更しても新しいテーマを適用したらまた変更しないといけないのは面倒だなと考えていました。

そしたら子テーマというものがありました。
[WordPress]子テーマ

子テーマを作る流れ。
themesディレクトリに使用したい親テーマ名のフォルダ名に「-child」を付けたディレクトリを作成する。
例えばtwentyfifteenのテーマを親としたいのならtwentyfifteen-childにする。
twentyfifteen-childディレクトリ以下にstyle.css、functions.phpを作成する。

style.cssの中身

/*
 Theme Name:   Twenty Fifteen Child
 Template:     twentyfifteen
*/
// 以下のcssは適用されたかを確認するための設定。DIVタグ内のフォント色が赤くなっていれば適用されていることが確認できる。
div {
  color: red;
}

functions.phpの中身

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
  wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
  wp_enqueue_style( 'child-style', get_stylesheet_directory_uri() . '/style.css', array('parent-style')
);
}
?>

style.css、functions.phpを作ったあと、WordPressの[外観]から[テーマ]を選ぶと子テーマができているので適用させる。
うまくいっているとDIVタグのフォントが赤色になっている。