スポンサーリンク

Rocket.Chatにアップロードできるファイルタイプを追加する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Rocket.Chatを使っていてアップロードできないファイルはすべてzip圧縮をして添付をしていた。

しかし、不便に感じたのでアップロードできるファイルタイプを追加する方法を調べた。

環境
Rocket.Chat 0.59.1
Docker 19.03.12
CentOS 7

手順

  • Rocket.Chatに管理者権限でログインする。
  • 管理ページに移動をする。
  • メニューの「ファイルアップロード」を選択する。
  • ファイルアップロード設定画面の「受け付けるメディア種類」の欄にアップロードしたいファイルタイプを入力する。
  • 「変更を保存」を押下する。

ネット上の情報ではRocket.Chatの再起動が必要と書いてありましたが、私は再起動しなくてもアップロードできました。

ファイルタイプは例えばJavaScriptファイル(xxxxx.js)なら「application/javascript」と入力すればアップロードが可能です。

エクセルも追加したくなったので追加をした

手順は上記の手順と同じ。

受け付けるメディア種類には「application/vnd.openxmlformats-officedocument.spreadsheetml.sheet」を入力してやればよいです。

メディアの種類はなにを指定すればよいかは以下のサイトを参照しました。

よくある MIME タイプ - HTTP | MDN
これは文書の種類に関連付けられている MIME タイプの一覧であり、一般的な拡張子の昇順に並べています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました