スポンサーリンク

Gitのローカルレポジトリで管理する一連の流れ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Gitのローカルレポジトリで管理する一連の流れ。

管理するディレクトリに移動して以下のコマンドを実行する。


$ git init
Initialized empty Git repository in /[ディレクトリのパス]/.git/

Gitで管理されているかどうかは、ディレクトリ名の隣に(master)と付与されていれば、管理されていると判断できる。


// git init前
hogehoge $
// git init後
hogehoge (master) $

リモートリポジトリに更新するindex.htmlファイルを作成する。
作成後、git statusコマンドで状態を確認する。


$ git status
On branch master
Initial commit
Untracked files:
  (use "git add ..." to include in what will be committed)
        index.html
nothing added to commit but untracked files present (use "git add" to track)

リモートリポジトリに更新するため、ワークツリーに存在するindex.htmlをgit addコマンドでインデックスに登録する。
その後、再度状態を確認する。


$ git add index.html
$ git status
On branch master
Initial commit
Changes to be committed:
  (use "git rm --cached ..." to unstage)
        new file:   index.html

リモートリポジトリに更新(commit)する準備が整ったので、git commitコマンドを実行する。
commit後に状態を確認すると、ワーキングツリーがclean(なにも変更したものがない状態)ということがわかる。


$ git commit -m "first commit"
[master (root-commit) e47657e] first commit
 1 file changed, 10 insertions(+)
 create mode 100644 index.html
$ git status
On branch master
nothing to commit, working tree clean

コメント

タイトルとURLをコピーしました